コネクトプログラム(交流イベント)

コネクトプログラムは、食事をしながら、よのなかについて語り合う場です。

ゲストには、日ごろ実際の社会で活躍している方をお招きし、いろいろなアイデアを参考にさせてもらいます。

イベントを通して、よのなかや自分のこれからについてのいろんな話ができます。

どんなことをするの?

小学生から社会人まで、よのなかについて、あるいはよのなかと自分たちのこれからについて、語り合う場です。

新しい社会参画のきっかけを提供する場となっています。

交流とコミュニケーションの機会を作ることが主な目的ですので、誰でも気軽に参加していただけます。

よのなかを考える「プチ議会」機能として

コネクトプログラムでは、参加者それぞれがテーブルに分かれ話をします。

よのなかの課題について話し合い、決まったことについて、「実際に行動に起こすためにどうすればいいか」まで深めます。

「社会が変わる体験」を通して、こども達のシティズンシップ(主権者意識)を育みます。

こども達が「学ぶ」機能として

コネクトプログラムには、実際に社会で活躍をしているゲストをお招きします。

ゲストは、小中高生の目線にあったお話をしてくれたり、アイデアをくれたりします。

お話を聞く中で、あるいはアイデアをいただく中で、社会と自分の関わりを知り、何をすべきかを考えるきっかけを作ります。

楽しみながらの「交流」機能として

コネクトプログラムでは、会場内に中高生による「Cafe」が提供されています。

参加者は、飲食を楽しみながら、いろんな人と話をすることができます。